FXに向き不向きはお金の考え方や資産、性格に左右される

FXに向き不向きはお金の考え方や資産、性格に左右される

FXに向き不向きはお金の考え方や資産、性格に左右される

誰もが誰もが向いているものはこの世の中にけしてないのですからFXトレーダーとして向いているタイプがいると同じように、向いていないタイプがいるのもごくまた自然なことでしょう。
それでは、FXトレーダーに向いていないタイプだと自覚する前に、またFXトレーダーに向いているタイプだと気づくために、その要素とは何なのでしょうか。
まず、FXトレーダーに向いていない人は、お金が少しでも減るのがいやだというタイプが多いですし、反対に向いている人は多少の減りには目をつむっていることができる人たちです。
なぜ、お金を増やそうとしているのに、お金が減ることを我慢できるのかというと、物事にはリターンというものがあります。
投資は為替相場と連動しており、利益確定しない限りは上限下限が動いてはいないのですが、一時的に利益がマイナス価格がだと焦りのあまり、退場してしまうというパターンもあるのです。
けれどFXトレーダーに向いている場合では、途中経過にはあまりこだわらないなんていう人もいて、お金に対して余裕がある見方をできます。
でもそれって、お金に余裕があるかどいかという資産の保有具合の問題なのではないかという見方もできることも確かです。
手取り30万の人より、手取り300万円の人の方が、10万円の価値は小さいですし、それだけお金に余裕をみせられるというのもあります。
けれども、それプラスお金に余裕を持つことは個人的な性格も左右しているそともまだ事実でもあります。
お金に余裕をある人も節約している人もいて、またお金に余裕がなくてもお金に執着しないひともいます。
FXトレードはそんな自分のお金に対する価値観がはっきりわかりますし、自分のお金とのつきあい方をあらためて見直すことができるものだと思います。
FXトレーダーに向いていない人ならば無理をしないことも一理ありますし、FXトレーダーに向いていてもそれに調子を狂わされないことも大事なのです。
FXトレーダーになりたいと思うのがまず必要なのかもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ