FXが趣味より資産運用としている人はリスクを感じやすい

FXが趣味より資産運用としている人はリスクを感じやすい

FXが趣味より資産運用としている人はリスクを感じやすい

特にFXはリスクが高いものであるとも思わないのですが、人によりは様々な感想があるのも事実でFXはリスクがあるという声もあります。
人によりなぜFXの感じ方は変わるのか、ではその具体的には何があるのでしょう。
まずスキャルピングや長期トレードの人を見てみると、投資方法がまるっきり正反対なわけですから、FXトレードにたいして感じ方がことなるのはある意味当然ではないでしょうか。
スキャルピングだと、短い時間でエントリーと決済を繰り返しているため週またぎのリスクや為替相場の変動によりのリスクには強いですが、そのかわりたくさんの建玉を保有しているため、追加証拠金などがあるとまかなえないというリスクもあります。
長期トレードだと、ほとんどの人はロスカットによりのリスクには警戒をしていて、まさかレバレッジをあげすぎるということはないと思いますが、5円以上の値動きには注意しているという人は多いと思います。
また、それ以外にも使用する通貨にもよって、リスクも見方はずいぶん変わってきています。
デイトレーダー向きの通貨を使用する人は、ロスカットに警戒をしていますが、ドルやユーロだと値動きが重いと利益がでないというリスクを抱えることもあります。
現実にリスクというのは人それぞれであるとともに、他の人と共有できないものなのだと思います。
何せ生きてきた時間で金の使い方も異なりますから、FXトレードは趣味ととらえているのか、資産運用ととらえているのか、それもまた分散投資としているのかにもより、自分のなかでのFXトレードの位置付けは変わってきています。
もちろん趣味というひとより、資産運用と感じている人のほうがリスクを感じやすいですし、分散投資とFXトレードをしている人のよりも資産運用としてFXトレードだけしている人の方が、FXトレードが自分のなかで占める率が多いということはいえるでしょう。
つまり、自分のなかでの位置づけが高いものか低いものかなどにより、リスクの味わい方は違いが出るのではないでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ